2017年2月23日木曜日

家族の絆!時を超えて甦るジュラシックワールド

押入れや実家の屋根裏などに残っている昔描いた自分の絵をみてこんな絵よく描けてたなと自分に感心することありませんか?

子供の頃のあの才能はどこへいってしまったんでしょうか…(笑)

今回、ご依頼いただいた「恐竜とタマゴ」はかわいいタッチに素敵な色使いですが、実はご依頼者さまの妹さんが30年前に描かれたものです。


今はこじんまりと落書きをする程度になってしまったそうですが…

年末に実家にご家族が集合した際にぬいぐるみ化を相談したところ、妹さんはもちろん、お母様が大乗り気だったそうです。

この絵をぬいぐるみ化するかどうかの家族会議、想像したらちょっと笑えますよね。

そして時を超えた「恐竜とタマゴ」がついに甦りました…ジャジャーーーン!




いかがでしょうか?とにかくカラフルでHAPPYな感じにしてみました。

出来栄えにご依頼者さまは大変喜んでいただき、実家の家宝になるという嬉しいお言葉をいただきました。

実物は実家のほうへお届けしましたので、次の帰省のときにご家族が集まって実物の発表会を楽しんでいただきたいですね。


2017年1月19日木曜日

夢の組曲!クリッチャも登場!

この写真、よーく見てみてください。

ピアノの前に【オーダーメイドのぬいぐるみ・クリッチャ】が!?


実はこの作品は、6歳の男の子が作曲をするために作り出したキャラクターなんです。

歌とダンスの得意な「ちっち」と、見た目がこわくてひとりぼっちの「ザんダー」

このふたりが友達になるまでの物語が組曲となるそうです。


お母さんからご依頼いただきましたが、そのときはまだ曲は完成しておらず

曲の完成とともにサプライズプレゼントするという粋な計画(^O^)



そして、ついに曲が完成!

演奏をしていると、部屋の外から足音…(コレ、お父さんが演出(笑))

扉を開けると、そこには…ぬいぐるみになって会いにきた「ちっちとザんダー」がっ!


計画は大成功で、はじめは何が起きたのか驚きが強く、2人に近づけない程だったそうです。


そうして最初の写真のように2人はお披露目の舞台にも緊張しながら登場したのです(笑)


それにしても6歳の子がキャラクター、物語を考え、そしてそれを曲にするということに驚きました。

素晴らしい発想力、素敵な才能ですね。

本当に子供たちの可能性って無限だなと嬉しくなってしまいました。


ちなみに、この2人のテーマ曲がどうしても聴きたくて動画をお送ってもらえるようになってます。

音楽と物語、そしてぬいぐるみの共演、届くのが楽しみです!








2016年12月22日木曜日

亡きご両親へのプレゼント

 

破壊力バツグンのこのイラスト…

実は、ご依頼者さまの今は亡きご両親が描かれたものです。

当時72歳のご両親にご依頼者さまが「フランケン描いて」とお願いしたそうです。

「なぜフランケン?」という素朴な疑問はもちろん頭をよぎりますが(笑)


楽しくユーモアのある仲の良いご両親。

大好きだったご両親とずっと一緒にいられたら…という願いからぬいぐるみにしたいと思い立ったそうです。


色もおまかせで「可愛いフランケンシュタイン」にしてほしいというご要望です。

それにしても…こうもタッチの違うフランケンを並べてみたのは初めて。

そして、お父さま作のほうはもはやフランケンですらない…とは言いつつ、スタッフたちと楽しみながら作った作品がコレ!








どうでしょうか?

元の絵の雰囲気を残したまま、可愛く…そしてファンキーに。やり過ぎた感を漂わせてちょっとドキドキのお届けです(汗)

……。


両親に思いがけないクリスマスプレゼントができましたと、とても喜んでいただけました!

ご主人さまからも『ステキな創造力だね』とお誉めいただきました(喜)


ふと、お送りいただきた写真の笑顔をみて思いました…

ご両親へのプレゼントとして作りましたが、今回のこと自体が「ご両親からお子様たちへのプレゼント」だったのかなって(笑)



2016年11月10日木曜日

おはよう日本×オーダーメイドのぬいぐるみ・クリッチャ!

先日、NHKさんの番組「おはよう日本」の中のコーナー「まちかど情報室」で

エソラワークスのオーダーメイドのぬいぐるみ【クリッチャ】が紹介されました!


ユーザーさま目線の企画です。今回は、お孫さんが描いてくれた

自分の絵をぬいぐるみにしたいというおじいちゃんが主役です。


もとの絵はコレ。プラネタリウムのじいじということです。


そして…一瞬だけ工房も!本当に一瞬(^_^;)


かなり端折りますが、出来上がったぬいぐるみがこちら!


「宝物がひとつ増えて非常に嬉しい」と勿体ないお言葉をいただけました。

本当のお手柄は絵を描いたお孫さんなんですが、やっぱり嬉しいですね。

お孫さんたちにも喜んでもらえたようです。


NHKさんですので社名やサービス名はテレビでは紹介してくれませんでしたが

番組ホームページではちゃんとご紹介いただいてます。


さすがと思ったのは、放送後の問い合わせはほとんどがお電話…

やはり高齢の方の多くが観られているんだと実感しました。

ほとんどの方が「孫にプレゼントしたいけど、パソコンは使えないの」と。


このようなお問い合わせは以前から多く、パソコンを使わないで簡単に

申込みができるツールがいるなぁ…と考えてはいました。

でも、ちゃーんとご用意してます!(できたてホカホカですが)

クリッチャのお見積り依頼や注文申込みが郵送でできる申込案内セットです。


クリッチャを詳しく説明しているパンフレットも入っていますので

これがあればパソコンが使えなくても大丈夫です。


ご希望の方には郵送いたしますので、お気軽にお申し付けください。

…とは言ってもこの記事を見てるのはパソコンを使える方だと思いますので

ご興味ありそうな方々へ拡散お願いいたします。


【クリッチャ申込案内セット】をご希望の方は以下までご連絡ください

●お電話 : 0797-20-1768

●E-mail : info@esoraworks.com







2016年11月5日土曜日

ART MARKET あしやつくる場

1112()13() 10:00-16:00に芦屋市立美術博物館・前庭で開催の

ART MARKET あしやつくる場】へ出店します(^^)



工房のある芦屋でのイベントで張り切っています!

エソラワークスは、キャラメルポーチを使って自分だけのモンスターを作る

「キャラポ」という子供向けのワークショップをやります。

前々から面白いんじゃないかと考えてたんです。


↓ 描いたり貼ったりして楽しいモンスターにできちゃいます!



もちろん、意匠登録のキッズ向け携帯電話カバー「Pulllu-ぷるる-」も販売します。

ブースNo.は【8】ですよ。


12歳の天才画伯モンドくんの似顔絵屋さんや音楽ライブもあるようです。

芝生の上ののんびりした秋を感じにぜひお越しください!




2016年10月17日月曜日

ダウン症のあるキャラクター「ニポ」がHAPPYを届けます(^○^)

みなさん「バディウォーク」ってご存知ですか?

実は私たちも知らなかったのですが、

ダウン症のある人たちと一緒に歩くチャリティウォーキングイベントです。

20年前にニューヨークで始まり、今では世界各地で開催されているようです。

そして今年も1113日に渋谷で「バディウォーク東京2016」が開催されます!


バルーンや楽器などを手に、楽しく賑やかにパレードをします。

楽しく笑顔で歩くことで、沿道の一般の方たちに、

ダウン症のある人たちの素敵なところを見て知っていただける機会です。

笑顔に託されたメッセージはシンプルです…

"ダウン症のある人たちの笑顔は、明るく柔らかく、人の心を動かす力があります"


今回からは楽しいキャラクターたちも登場!その名も「ニポと友だち達」


ダウン症の3人組。それぞれが輝く素敵な個性をもっています。

このキャラクターの生みの親であるデザイナーのtamako☆さんから

「ニポ」のぬいぐるみ製作を依頼されたのが、

私たちが「バディウォーク」を知るきっかけになりました。


活動の趣旨や「ニポ」の生まれた背景をお聞きしていると

ダウン症のある人たちについての理解できてないことがいっぱいでした。

ダウン症の子たちって、社交的で人と関わることが大好きで

面白くて、人を楽しませたいという方が多いんですって!

音楽やダンスも大好き!

tamako☆さんが描いた「ニポと友だち達」を見ていて本当にそうなんだと思います。


エソラワークスは、ニポたちをはじめダウン症のみんなの笑顔が大好きです!

この素晴らしいプロジェクトでダウン症に対する理解が深まって

みんなが笑顔で触れ合えるための活動を応援していきます!


●バディウォーク東京2016http://acceptions.org/bw2016



2016年9月23日金曜日

さんまのまんま×エソラワークス!?

「さんまのまんま」終わっちゃうんですね…

なんとなくサザエさんやドラえもんのようにずっと続くものだと感じてました。


今年5月の大全集の際にエソラワークスをご紹介いただき、視聴者プレゼントとして

さんまさんとまんまちゃんの描いた絵をぬいぐるみに再現したんです。


こちらが明石家さんまさんの描いた「シェパード風まんま」!
ちゃんとのぞき穴が目の間に(笑)



こっちはまんまちゃんの描いた「カツオっぽいさんま」(笑)



さすが稀代のエンターティナー。どちらもなかなか秀逸な作品ですね

そして、それをぬいぐるみにしたのが…


もちろんのぞき穴も再現!




さんまさんのトレードマーク「出っ歯」はキラキラ素材!



プレゼントに当選した方も喜んでくれたかな。


「さんまのまんま」は終わってしまうようですが、

これからも、さんまさんがお茶の間を楽しくしてくれることを期待しましょう!

まんまちゃん、今までお疲れさまでした!